2011年08月30日

汚染瓦礫の行方 全国の受け入れ先<訂正>

放射能瓦礫の受け入れをしている自治体 <9月3日訂正>


【北海道】
 札幌市、函館市、根室市、標茶町、幌加内町、大空町、清里町、登別市、北十勝2町環境衛生処理組合
 根室北部廃棄物処理広域連合、釧路広域連合、愛別町外 3町塵芥処理組合、大雪清掃組合、北斗市
 苫小牧市、石狩市、千歳市、十勝 環境複合事務組合、平取町外2町衛生施設組合
 日高中部衛生施設組合、室蘭市日鐵セメント株式会社

【秋田】
 大館町エコシステム秋田、秋田市、にかほ市、仙北市、横手市、能代山本広域市町村圏組合
 八郎湖周辺清掃事務組合、大仙美郷環境事業組合、湯沢雄勝広域市町村圏組合

【山形】
 西村山広域行政事務組合、東根市外二市一町共立衛生処理組合
 最上広域市町村圏事務組合、置賜広域行政事務組合、酒田地区広域行政組合

【群馬】
 前橋市、桐生市、神流町、草津町、渋川地区広域市町村圏振興整備組合、吾妻東部衛生施設組合
 西吾妻衛生施設組合、利根東部衛生施設組合、大泉町外二町清掃センター

【埼玉】
 さいたま市、川越市、所沢市、飯能市、加須市、春日部市、狭山市、入間市、桶川市、坂戸市、川島町
 蓮田市白岡町衛生組合、志木地区衛生組合、彩北広域清掃組合、秩父広域市町村圏組合、埼玉中部環境保全組合

【東京】
 東京二十三区清掃一部事務組合+多摩市町村及び一部事務組合+1都3県産廃処理施設

【富山】
 高岡市、氷見市、射水市、富山地区広域圏事務組合、新川広域圏事務組合、砺波広域圏事務組合

【石川】
 金沢市、輪島市、加賀市、七尾鹿島広域圏事務組合、羽咋郡市広域圏事務組合、白山石川広域事務組合

【山梨】
 峡南衛生組合、甲府市、山中湖村、笛吹市

【岐阜】
 大垣市、高山市、多治見市、中津川市、瑞浪市、山県市、下呂市
 岐阜鳥羽衛生施設組合、可茂衛生施設利用組合、南濃衛生施設利用事務組合

【静岡】
 伊東市、函南町、志太広域事務組合、牧之原市御前崎市広域施設組合、袋井市森町広域行政組合

【愛知】
 蒲郡市、刈谷知立環境組合、尾三衛生組合、尾張東部衛生組合、稲沢市、北設広域事務組合、豊川市

【三重】
 いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市、鳥羽市、志摩市、尾鷲市、紀北町、熊野市
 伊賀南部環境衛生組合、桑名広域清掃事業組合、伊勢広域環境組合

【滋賀】
 草津市、栗東市、彦根市、中部清掃組合、湖北広域行政事務センター、大津市

【京都】
 亀岡市、船井郡衛生管理組合、京都市、伊根町

【大阪】
 岸和田市貝塚市清掃施設組合、吹田市、高槻市、枚方市、茨木市、岬町、柏羽藤環境事業組合
 泉南清掃事務組合、泉佐野市田尻町清掃施設組合、東大阪都市清 掃施設組合、箕面市、摂津市
 寝屋川市、豊中市、熊取町、堺市、四條畷市交野市清掃施設組合、泉北環境整備施設組合、池田市、門真市、大阪市

【兵庫】
 神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、相生市、豊岡市、加古川市、宝塚市、三木市、高砂市
 三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波 市、南あわじ市、朝来市、淡路市、播磨町、佐用町、香美町、新温泉町、
 揖龍保健衛生施設事務組合、中播北部行政事務組合、洲本市・南あわじ市衛生事務組合
 小野加東環境施設事務組合、くれさか環境事務組合、猪名川上流広域ごみ処理施設組合

【奈良】
 大和郡山市、天理市、生駒市、田原本市、南和広域衛生組合、十津川村

【和歌山】
 和歌山市、御坊広域行政事務組合、岩出市、田辺市

【鳥取】
 鳥取中部ふるさと広域連合、日野町江府町日南町衛生施設組合、三光株式会社境港市

【島根】
 浜田地区広域行政組合、海士市、松江市

【岡山】
 岡山市、倉敷市、玉野市、新見市、備前市、真庭市、岡山県西部環境整備施設組合
 岡山県井原地区清掃施設組合、総社広域環境施設組合

【広島】
 広島市、福山市、呉市、尾道市、大竹市、山県郡西部衛生組合、広島中央環境衛生組合
 安芸地区衛生施設管理組合、庄原市、廿日市市

【山口】
 岩国市、山陽小野田市、周南地区衛生施設組合

【徳島】
 徳島市、北島町、中央広域環境施設組合

【香川】
 高松市

【愛媛】
 西条市、内山衛生事務組合、新居浜市、株式会社イージーエス・新居浜市、オオノ開發株式会社・東温市

【高知】
 香南清掃組合、高吾北広域町村事務組合、四万十町、嶺北広域行政事務組合

【福岡】
 宮若市外二町じん芥処理施設組合、筑紫野・小郡・基山清掃施設組合
 北九州市、八女市、糸島市、甘木朝倉三井環境施設組合、うきは市

【長崎】
 県央県南広域環境組合、五島市、東彼地区保健福祉組合、長崎市

【熊本】
 熊本市、大牟田・荒尾清掃施設組合、天草市、山都町、天草広域連合
 水俣芦北広域行政事務組合、阿蘇広域行政事務組合

【大分】
 佐伯市、豊後高田市、豊後大野市、国東市、別杵速見地域広域圏事務組合

【宮崎】
 都城市、延岡市、串間市、えびの市、宮崎市

【鹿児島】
 伊佐北姶良環境管理組合、南薩地区衛生管理組合、大隅肝属広域事務組合
 霧島市、いちき串木野市、鹿児島市


 
posted by nonukesmorehearts at 20:40| 日記

2011年08月14日

イルコモンズ監修「アトミックサイト」展 に行ってきた

2011_08_07_01.jpg


8.6 東電前・銀座 原発やめろデモ!!!!!の翌日
「逮捕、理不尽、疲れた」というワードが脳内リピートする中
ようやく東向島で開催されている
イルコモンズ監修「アトミックサイト」展 に行ってきた。
会期中イベントで毎週日曜だけ
映画Radioactivistsが上映されるので
この日程にあわせて。

展示はイルコモンズさん監修の元
複数のアーティストによるインスタレーション中心の展示。
原子力に関わる本の展示も見ごたえあり。

イルコモンズさんのワークが好きな私は
展示全般には勿論満足
遠くまで足を運んだ甲斐があった。
ブログに掲載するために写真も撮ったが
慣れないiphoneで撮影したため
ほとんどの写真がブレていました(涙)

展示の完成度は言うまでもないのですが
私が一番ショックを受けたのは「ザ・シンプソンズ」の展示。
お父さんは原発で働いていたって知りませんでした!

映画も期待どおりのものだった。
この映画を通して日本国内はもとより
海外でも日本の運動やデモの様子が伝われば
と切に願う。

こちらに監督のユリア・レーザさんの
トークの書き起こしが掲載されています。
「福島以後の日本のプロテスト」について
http://atomiksite.wordpress.com/talk/

元々は私が行った日が最終日の予定でしたが
会期延長されリニューアルオープンしています。
(8月20(土)まで/休館日:8月15日(月)・8月16日(火))
是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

more info. ↓
イルコモンズ監修「アトミックサイト」展
http://atomiksite.wordpress.com/
イルコモンズのふた。
http://illcomm.exblog.jp/



Misao Redwolf 記



▼Radioactivists Trailer



2011_08_07_02.jpg

2011_08_07_03.jpg

2011_08_07_04.jpg

2011_08_07_05.jpg

2011_08_07_06.jpg

2011_08_07_07.jpg

2011_08_07_08.jpg

2011_08_07_09.jpg

2011_08_07_10.jpg



[Kai-Wai 散策] masaさんの写真がこちらに↓
http://kai-wai.jp/2011/07/post-1568.html
http://kai-wai.jp/2011/08/-ii-3.html


posted by nonukesmorehearts at 23:00| 日記

2011年07月17日

憂い・放射性廃棄物防護服の行方

玄海原発が再稼働云々
首相や福島県が脱原発宣言をしたと思ったら
経産省が原発に関するネット検閲の入札を始めたり
活動の為にも情報収集は欠かせないが
次から次へと目紛しくついていけない。

幸いなことに世論はいくらか脱原発に傾き
反原発・脱原発と言うのも
今までよりもタブー視はされなくなったが
それでも福島第一原発の収束の見通しはたってないし
それどころか煙や光もしばしば観測され汚染は拡大し
集団疎開を国あげて取り組むなど
適切な対応も未だにみられないまま
全体の情況はますます悪化している現実。


脱・反原発の世論は少しずつ高まってきている。
もし仮に全部の原発を即時停止できたとしたら
これは現状からしたら最高の行き先だ。
しかしこれはほんの入り口に過ぎない。
膨大な量の放射性廃棄物や施設を
どのように処分してゆくのだろうか。
福1から拡散された放射能は消える事はないし
もしこの事故がきっかけで国が脱原発できたとしても
その代償ははかりしれない。
何故このような事故が起こる前に
最悪のシナリオを読むことができなかったのだろうか。

放射性廃棄物。
これは原子力産業が無ければ生まれてこなかったもの。
無くてもよかったものがここにある。


福1からも多くの放射性廃棄物がでている。
多くの作業員が日々取り替える防護服はどうだろう。
公式には原発の敷地内に保管されているということだが
実はいわき市錦にあるクレハの工場で
焼却しているという話を一月前に聞いた。

一月前からすでに焼却作業をはじめているとの証言もあれば
確かにクレハ工場に運ばれてはいるというだけの証言も複数。
クレハは福1の除染の仕事を請け負っているので
そのような流れになる確率は確かにある。

またいわき市小名浜の工場(製錬所?)で
何がしかの放射性廃棄物が焼却されているという話もある。
これは防護服か汚染水を濾過したフィルターかは定かでない。
この件に関しては地元のテレビでもとりあげられたようだ。

どちらも市は知らずに県の認証の上ということのようだが
いわき市でも指折りの企業のやることを
市が知らないとは思えない。

またこれらの話は地元の一部の人達のあいだでは
すでに周知のことになっているようでもある。

放射性廃棄物を燃やすことにより
放射能が空中に拡散されることは誰でも知っている。
こんな事を地元住民に公的に告知なく実行することは
許されないこと。
そしてこれは地元住民だけの問題ではない。

あまりにも大きな問題が沢山ありすぎて
それに比べるとこれらの件は小さく見えるかもしれない。
しかしこれはとても重大な問題で
これらの秘密裏の処分を許すことで
今後更に増え続ける廃棄物の処理を
やはり隠密に行ってゆく事に加勢することにもなる。

暴いたほうが良いのは判ってはいても
繊細な問題は沢山ある。
しかしこの件はしっかりと監視され問題視されるべき。


立派で善良で優しい人々も多いが
自分と同じ人間とは思えない価値基準で動く人々。
これらの人々は白日の元にさらされなければ
道はまがりくねったままなのかもしれない。

更に人間に失望すると同時に
今後のことを考えるととても元気にはなれない。

しかしやはり日本中の原発を廃炉にするまで
微力ながらも動きを止めるわけにはいかない。


Misao Redwolf 記



posted by nonukesmorehearts at 03:00| 日記

2011年07月02日

記憶

3月11日からもうすぐ4ヶ月がたとうとしている。
あれからもう1年以上たったような気がするのは
色々なことが凝縮しすぎていたからか。


ここ数年福島県いわき市へ年に何度も通っていた私は
2009年2月に福島原発まで行ったことがあった。

いわきの友人ふたりと相馬までドライブがてらの原発の視察。
第一原発と第ニ原発を車窓から眺めたり街の様子を観察したり。
交付金で建てられた立派な施設がたくさんあるが
道には人の気配がなく私にはその様が不気味にみえた。
よくある田舎の風景に似合わない施設。
そして人々の心はどこにあるのだろう?
私には見つけることができなかった。

原発に近ずいてみたくて第二原発の入り口まで侵入したら
警備員に止められて注意を受けた。
ドライバーのKが対応している間に私は携帯で入り口を撮影。
警備員に撮影を注意されるか確認したくて
3シャッター目を大げさにきったところやはり
「撮影しないでください。」と言われ
「撮影しましたか?」と聞かれたが「いいえ」
と答えるとそれはあっさり見逃された。
「厳重警備」「撮影禁止」と立て札があった。

その頃プルサーマルの受け入れの瀬戸際だったので
様子を見に行こうとでかけた。
周辺4町が受け入れを認めたところというせいもあるのか
なにか緊迫した空気だったように感じた。

常磐のホントに綺麗な海を背景に
火力〜原発〜火力〜原発と立ち並ぶ様は
まるで『指輪物語』のサウロンのいる
モルドールを彷彿させて寒気がしてきた。
そしてその側道はルート6。

その後2010年の秋から福島第一原発3号機で
MOX燃料を使ったプルサーマル発電が開始された。


第2原発2009_02.jpg
2009年2月の福島第二原発の入り口



その少し前の2008年12月30日新暦の年の瀬に
私はイスラエル大使館の前に居た。
「ガザ空爆に抗議する12・30緊急行動」に参加した。
その2年前のレバノン攻撃の抗議の時以来の詣でだった。

色々な社会的な問題に関心もあるしどうにかしたいけど
身体ひとつではできることにも限界もある。
あれこれ中途半端にやるのは性分にあわないし
最も取り返しのつかないことになるであろう
原発問題に特化して活動をしてきたけど
イスラエル問題だけはまた別枠だ。

グローバリズムを進める勢力は長年をかけ
ジェノサイド/民族浄化を進めている。
アメリカのネイティブ
日本は明治維新で落ち
アポリジニなども弾圧されている。
今はアジアやアフリカでこれが行われている。

グローバリゼーション(西洋世界)
ニューワールドオーダー
VS アラブ。
統一などされたくない。


2008_12_31stopkilling_02.jpg
2008_12_31stopkilling_03.jpg

2008_12_31stopkilling.jpg
当時使ってたバナー


福島原発を見学に行った3月後
2009年5月2日忌野清志郎さんが亡くなった。
その前年に開催したNO NUKES MORE HEARTSのイベントで
タイマーズの制作スタッフでもあった
高橋ROCK ME BABYさんに司会をお願いしたことがあった。
その後清志郎さんは高橋さんに
「反核イベントの司会したんだって?なんで呼んでくれないんだよ。」と。
それで結局のところ次回やるときには
スケジュールさえ合えばでてもらえるということに。

一旦病状が良くなった矢先の死去のニュース。
色んな意味で喪失感を味わった。

清志郎さんが生きていたら
今どんな事を言ってどんな事をしているのかな。


2009_05_tamaranzaka_01.jpg
国立市 多摩蘭坂 2009年5月19日

2009_05_tamaranzaka_02.jpg
国立市 多摩蘭坂 2009年5月19日

2009_05_masonic.jpg
国立市中3−1にあるメーソンのロッジ


初期RCサクセションの「国立市中区3−1(返事をおくれよ)」
という曲がある。
好きなコに告白手紙をだしたけど返事がこないという歌だけど
国立市中区3−1(中3-1)に何があるかというと
横浜に続き日本で二番目にできたメーソンロッジ。
同じ一角に大学もあるが清志郎さんはどっちを言ってたんだろう。


RCサクセション 言論の自由



Misao Redwolf 記


posted by nonukesmorehearts at 03:30| 日記