2011年08月16日

【意見】復活コメ先物波乱の幕開け

東京穀物商品取引所(東京)と関西商品取引所(大阪)は
8月8日に72年ぶりの米の先物取引を行ったそうです。
東京穀物商品取引所では、関東産コシヒカリの取引で
値幅制限を上回る買い注文が殺到したため
売買を一時中断する制度が発動され、
初値が付かない波乱の幕開けとなったとか。

これを何を意味するかといえば
ズバリ「安全な」お米の不足と市場価格の上昇でしょう。

家庭で食べる為のお米は、無くなりそうになったところで
ネットで注文して届けてもらう、または
スーパーに買いに行くというのが今までの買い方でした。
なので、大半の方は家にストックしていないと思います。

地震、原発事故に次ぐパニックになったので忘れられない光景ですが、
3.11の際にスーパーから真っ先になくなったのは
お水とお米それと加工食品でした。
加工食品はともかくお米とお水は生命線です。

生きていく為には、最低限の食料の備蓄が必要な時代になりました。

石油ショックのとき、実はこんな事がありました。
品薄の噂を好機に、買い占めをした商社があったのです。
今まであったものが無いとなると、
不安心理を掻き立てられた市民は買い貯めに走ります。
すると、更に品物は姿を消し、混乱が拡大し、異変が起きました。
品物が再び出てきたと思えば、ひどく値上がりしているのです。
買いたいものにいくらでも出せるお金持ちは別ですが、
わたしたちはそうもできません。

わたしたち一般市民にできる最善の手段は、やはり備蓄なのです。


例えば、いつもはお米を1袋買うというのであれば、
3袋買っておくようにする。
そして、1袋がなくなった時点で更に2袋用意する。
水も同様に普段の倍買う習慣をつけるのです。
「それは買い占めじゃないですか?」と
非難がましい目でわたしを見る人もいますが、
この程度の量は買い占めではなくて備蓄です。

本来の備蓄ならこの3倍の用意をしたいところですが、
首都圏の住宅事情では難しいかもしれません。

また栄養面の観点から、
玄米、塩、砂糖、食用油も備蓄しておくことをお薦めします。

政府がどうかしてくれるという考えはもう捨てましょう。
この国の歴代政府は、一般市民の救済をしてきませんでした。
古くは唐ゆきさん、中国残留孤児、
先にも書いた石油ショックの時もそうでした。
そして、3.11以降の対応はどうでしょうか?
政府が一般市民を救済する姿勢であるようには全く見えません。
東京電力と財界にべったりな政策には驚くばかりです。

市民は自衛を始めなければいけません。
備蓄、情報収集、冷静な判断、
目紛しく変わる状況に即した柔軟な思考が必要です。
見えない敵、前代未聞の惨事と向き合っているいまは、
まさに戦時中なのです。



参考
復活コメ先物波乱の幕開け・東穀取買い殺到で初値付かず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110808-00000635-san-bus_all

放射能懸念、コメ価格異変 業者が10年産米確保、4〜5割上昇も
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110726/bsc1107260504012-n1.htm

澤地久枝
家計簿の中の昭和


posted by nonukesmorehearts at 22:20| 主婦・双葉浪江の御意見箱