2011年07月17日

憂い・放射性廃棄物防護服の行方

玄海原発が再稼働云々
首相や福島県が脱原発宣言をしたと思ったら
経産省が原発に関するネット検閲の入札を始めたり
活動の為にも情報収集は欠かせないが
次から次へと目紛しくついていけない。

幸いなことに世論はいくらか脱原発に傾き
反原発・脱原発と言うのも
今までよりもタブー視はされなくなったが
それでも福島第一原発の収束の見通しはたってないし
それどころか煙や光もしばしば観測され汚染は拡大し
集団疎開を国あげて取り組むなど
適切な対応も未だにみられないまま
全体の情況はますます悪化している現実。


脱・反原発の世論は少しずつ高まってきている。
もし仮に全部の原発を即時停止できたとしたら
これは現状からしたら最高の行き先だ。
しかしこれはほんの入り口に過ぎない。
膨大な量の放射性廃棄物や施設を
どのように処分してゆくのだろうか。
福1から拡散された放射能は消える事はないし
もしこの事故がきっかけで国が脱原発できたとしても
その代償ははかりしれない。
何故このような事故が起こる前に
最悪のシナリオを読むことができなかったのだろうか。

放射性廃棄物。
これは原子力産業が無ければ生まれてこなかったもの。
無くてもよかったものがここにある。


福1からも多くの放射性廃棄物がでている。
多くの作業員が日々取り替える防護服はどうだろう。
公式には原発の敷地内に保管されているということだが
実はいわき市錦にあるクレハの工場で
焼却しているという話を一月前に聞いた。

一月前からすでに焼却作業をはじめているとの証言もあれば
確かにクレハ工場に運ばれてはいるというだけの証言も複数。
クレハは福1の除染の仕事を請け負っているので
そのような流れになる確率は確かにある。

またいわき市小名浜の工場(製錬所?)で
何がしかの放射性廃棄物が焼却されているという話もある。
これは防護服か汚染水を濾過したフィルターかは定かでない。
この件に関しては地元のテレビでもとりあげられたようだ。

どちらも市は知らずに県の認証の上ということのようだが
いわき市でも指折りの企業のやることを
市が知らないとは思えない。

またこれらの話は地元の一部の人達のあいだでは
すでに周知のことになっているようでもある。

放射性廃棄物を燃やすことにより
放射能が空中に拡散されることは誰でも知っている。
こんな事を地元住民に公的に告知なく実行することは
許されないこと。
そしてこれは地元住民だけの問題ではない。

あまりにも大きな問題が沢山ありすぎて
それに比べるとこれらの件は小さく見えるかもしれない。
しかしこれはとても重大な問題で
これらの秘密裏の処分を許すことで
今後更に増え続ける廃棄物の処理を
やはり隠密に行ってゆく事に加勢することにもなる。

暴いたほうが良いのは判ってはいても
繊細な問題は沢山ある。
しかしこの件はしっかりと監視され問題視されるべき。


立派で善良で優しい人々も多いが
自分と同じ人間とは思えない価値基準で動く人々。
これらの人々は白日の元にさらされなければ
道はまがりくねったままなのかもしれない。

更に人間に失望すると同時に
今後のことを考えるととても元気にはなれない。

しかしやはり日本中の原発を廃炉にするまで
微力ながらも動きを止めるわけにはいかない。


Misao Redwolf 記



posted by nonukesmorehearts at 03:00| 日記