2011年07月11日

7.7〜8 玄海原発再稼動阻止行動・東京

7月7日〜8日にかけて東京で行われた
玄海原発再稼動阻止アクションに参加してきました。


まずは7月7日@国会記者会館前
菅首相は玄海を再稼動させるな! 首相官邸前アクション

この日は私は単独で参加。
首相官邸前は警備が厳しく集会は不可能。
首相官邸の見える少し離れた国会記者会館前で
夕方から集会が行われた。
参加者はおよそ200人。
福島みずほさん
アイリーン・スミスさん
もんじゅ西村裁判の西村トシ子さん
主催関係者のスピーチや
申し入れの読み上げなどが行われた。
途中暗くなってくると皆にキャンドルが配られた。

途中東電前アクションの園くんから
スピーチをしないかとお誘いを受けたが
どうにも人前で話す気力がなかった。

体調不良もあったがそんなのはよくあること。
そうではなく首相官邸前の警備を目の当たりにし
どんどん気落ちしていった。
常識的に考えたら当たり前の光景かもしれないが
ある意味国の象徴でもある首相官邸。
多くの犠牲をしいて対応もおくれ
今まで原子力産業を推進してきたものを
あれだけの警備で守っている光景に
改めて嫌気が差してきたのだ。

どうして私達は官邸前で集会ができないのか。
首相をはじめ政府要人らに与えられた特権と
私たちに与えられた権利のあいだには
大きく暗く深い闇がある。

デモにしろこうした集会にしろ
私たちは警察の監視と統制の
下でなければできないのだろうか。


7.7_01.jpg

7.7_02.jpg

7.7_03.jpg

7.7_04.jpg

7.7_05.jpg

7.7_06.jpg

写真:吉井康博



翌日7月8日は九州電力東京支社前へ。
止めよう玄海再稼働 九電前アクション!
〜もう限界原発は廃炉に!〜

http://toudenmaeaction.blogspot.com/2011/07/blog-post_01.html

この日は私とMEGUMIとで参加。
色々と知った顔初めて観る顔と
おそらく参加はのべで100〜200人くらいだったか。
アクションの詳しい報告はこちらで。

九電支社のビルの入り口には何人もの警察が立ち
入り口を封鎖していた。
ビルの私有地内に座っていた参加者が原因で
複数の警察と参加者がもみあいになる場面もあり
警察とのもみあいは集会終了後も含め
私が居た限りでも3回あった。

最近は皆心得たもので
そういう時には皆で撮影体制にはいる。
ビデオ持参者は機材を警察に向け
皆がデジカメや携帯カメラを向ける。
多分これは10年前にはなかった光景。
私たちも証拠を残すことができる。
もみあいの外に居る人も中に居る人も
皆カメラをだしている。
デタラメな逮捕はやりにくいことだろう。

国家権力が体制側の犬であることは確かだ。
不穏な分子を潰していくために働かされている。
こういった抗議行動の時に気をつけたいのは
リーダー格が持っていかれるのを防ぐことだと思う。
留置されているあいだに運動に影響してくるからだ。
勿論どの参加者も不条理に逮捕されるべきではないし
そのような場面になった時には証拠写真やビデオを
どんどん撮影していく。

またこの日も園くんや東電アクション関係者が
スピーチをと誘ってくれていたのだが
やはりどうも人前で話す気になれなかった。

結局やはりこれは国との闘いなんだとつくずく思う。
今までにもわかっていたことなんだけど
最近更にそれが重くのしかかってきている
そんな気分に支配されがちな日々だ。


Misao Redwolf 記



7.8_01.jpg

7.8_02.jpg

7.8_03.jpg

7.8_04.jpg

7.8_05.jpg

7.8_06.jpg

7.8_07.jpg

7.8_08.jpg

7.8_09.jpg

7.8_10.jpg

7.8_11.jpg

写真:jun-ichi takeda


posted by nonukesmorehearts at 02:11| ☆記録☆イベント・デモ