2011年10月01日

「いわきアクション!ママの会」通信 NO.10

風が涼しくなってきました。

秋だなあ…と。

3・11のときは初春だったのに、もう冬がそこまで来ています。

でも、あのうだるような暑い夏を思い出すと、冬のほうがずっといいと思います。

原発作業のみなさんの体力的負担が少しでも楽になると思いますから…
本当に、あの暑さの中、大変だったと思います。

少し、安心しています。
そこのところはね。

ところで、ちょっと最近、知人からチェルノブイリのその後…今のベラルーシの話を聞きました。

チェルノブイリの事故から25年…今もサナトリウムには幼い子供たちが静養しているそうです。
もう25年も経っているのに…

お母さんの身体からセシウムをもらってしまって、生まれながらに放射能に侵されている体なんですって。

被ばく2世であり、3世であり…ですね。
まだまだ土壌の汚染も続いているし、食べ物からも内部被ばくの危険は普通にあるそうです。

ホールボディカウンターなどで、検診を受けて、セシウムの値が高いとサナトリウムに行くんだけど、受け入れられる人数が決まっているから、抽選だそうです。

抽選で選ばれた子供だけが、管理された最高の環境で、食べ物から生活全般を整えてもらって、体内のセシウムの状況が良くなれば家に帰る…そんな暮らしです。

だから、抽選で選ばれればいいけど、外れてしまうとがっかり…でも、それはそれで気にせず日々を過ごしているそうです。

やはり、30歳以上になるとぐっと人数が減るそうで、つまり長生きはできないってことです。

今のその話を聞いて、どうしたらいいのかなあ…と途方にくれます。

私たちの25年後も、そうなるのかと…そう考えて備えるのがいいでしょうね。

先日、ある場所でお医者さまと話しました。

地元のね。

その方は、「あんまり大きな声では言えないけど、放射能の被害は結局、山下教授が言うように、たいしたことはないと思うよ。そんなに健康に影響はないと俺は思ってる。」と言ってて…

今のチェルノブイリの状況を知りもしないんだろうなあ…この人は…と。

同席していた別のお医者さまは、市内のホットスポットの話題になったとき…「あそこは人数少ないから、どうでもいいんだ。」と言いました。

そこは、行政のケアが行き届かず、家の中でも2〜4マイクロシーベルトあってもほったらかしにされているところです。

その地区には子供も複数いますが…

お医者さま…って。

さま…って。

バカな職業につける言葉なんじゃないかと、今、思いました。

そこの病院に通ってる患者の気がしれない。

知らないのかな…?

自分とこの医者の資質を。

呆れます。



「いわきアクション!ママの会」代表 kaori suzuki


posted by nonukesmorehearts at 23:08| 「いわきアクション!ママの会」 通信

2011年09月30日のつぶやき

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
SPEEDI情報。インターネット出来ない人は閲覧できないってことですよね。間違ってます。#文部科学省 at 09/30 07:40

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
リアルタイム映像流してほしいです → 文部科学省・緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)
単位量放出を仮定した予測計算結果(これまでに行った1時間毎の予測)
http://t.co/eX6DupyJ #SPEEDI #放射能
 at 09/30 07:39


NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
普段TV見ませんが、FUJIROCK特集みてます。G.LOVE見たかったー! at 09/30 03:22

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
@Fancy_karate いま行動してたら、問題ないですよ。 at 09/30 01:43

posted by nonukesmorehearts at 00:01| no nukes more hearts on Twitter