2011年07月02日

【告知】7.18 福島県いわき市「ふくしま原発40年とわたしたちの未来〜原発震災の渦中から〜」

今日は福島県いわき市で広瀬隆さんの講演会があります。
ここのところいわき市はもとより福島県内で
様々な勉強会や講演会が開催されています。

2011年3月26日に「ハイロアクション福島原発40年実行委員会」が
いわき市でイベント(シンポジウムやアトラクション)を企画していました。
このような企画がいわきで開催されるのは画期的であったし
私もいわきの友人と参加する予定でいました。

そこに3月11日の地震と原発事故が起こり
このイベントは幻のものになったのですが
延期して今月開催されることになりました。

福島県はこの原発事故の最大の被害者でもありますが
福島県が声を更に大きくすることにより
日本全国を救うこともできるのだと思います。

近隣のかたは是非ご参加ください。

全ての原発をただちに廃炉にすることを望みます。


Misao Redwolf 記



【転送歓迎】【拡散希望】
______________________________________
シンポジウム「ふくしま原発40年とわたしたちの未来〜原発震災の渦中から〜」

●日 時:2011年7月18日(月.祝) 13:00〜17:00
●場 所:いわき市小名浜市民会館大ホール
      いわき市小名浜愛宕上6−1  TEL 0246−54−9174
●資料代: 700円 (※震災前に発行されたオープニングイベントのチケットもご利用いただけます)

シンポジウム「ふくしま原発40年とわたしたちの未来〜原発震災の渦中から〜」

●内 容
1、現地報告
「ふくしま原発の40年と原発震災」石丸小四郎さん(双葉地方原発反対同盟)

2、特別講演
「原発震災と地方自治」佐藤栄佐久さん(前福島県知事)

3、講演
「日本のエネルギー政策をどう変えるかー原発震災と自然エネルギーへの転換 」
環境エネルギー政策研究所所長 飯田哲也さん

4、パネルディスカッション
「ふくしま原発とわたしたちの未来 〜原発震災の渦中から〜」

○ 佐藤栄佐久さん(前福島県知事)
○ 飯田 哲也さん(環境エネルギー政策研究所)
○ 澤井 正子さん(原子力資料情報室)
○コーディネーター:佐藤和良(脱原発福島ネットワーク)

(ちらし呼びかけ文より)
「3・11原発震災は、たくさんの生命と暮らしを根こそぎにし、取り返しのつかない放射能汚染を引き起こしました。
原発事故は収束せず、人々が被ばくを強いられている中、私たちはこれからどう生き、どんな社会を創るのでしょうか?
未曾有の困難な時代のはじまりに、今、福島原発40年のもたらした現実を直視し、全く新しい想像力をもって福島の未来を構想することが、必要です。
3月から延期していたハイロアクション福島原発40年オープニングイベントを、シンポジウム「ふくしま原発40年とわたしたちの未来〜原発震災の渦中から〜」として開催いたします。」

***ご参加くださるみなさまへ***
 会場となる小名浜は、第一原発から約50km、間に高い山はありません。発表されている放射線量は、福島県内では低めですが(6/20-26いわき市小名浜支所前:0.09〜0.11μSv/h)、未だ原発事故も収束していない中での開催となりますので、防護策・緊急の避難を念頭にご参集お願いいたします。


●「ハイロアクション福島原発40年実行委員会」のご案内
私たちは、2011年3月26日福島第一原発1号機が運転40年を迎えるのを機に、廃炉と廃炉後の地域社会を考え行動しようと、昨年11月有志により結成した実行委員会です。
3・11原発震災後は、避難、測定、放射線防護の広報に取り組み、福島原発全廃炉・全国の原発核燃施設の停止・原子力政策の抜本的見直しを訴えるなど緊急行動を展開しています。

-----------------------------------------------------------------------------
    ハイロアクション福島原発40年実行委員会
事務局:いわき市平字月見町19-1
電話080-1807-6999、090-2024-7012
メールinfo@hairoaction.com
サイトhttp://hairoaction.com
◎活動へのご寄付もどうぞよろしくお願いします。
口座:ゆうちょ銀行普通(店番828)記号18220番号32050281
------------------------------------------------------------------------------

posted by nonukesmorehearts at 16:34| ☆告知☆イベント・デモ

記憶

3月11日からもうすぐ4ヶ月がたとうとしている。
あれからもう1年以上たったような気がするのは
色々なことが凝縮しすぎていたからか。


ここ数年福島県いわき市へ年に何度も通っていた私は
2009年2月に福島原発まで行ったことがあった。

いわきの友人ふたりと相馬までドライブがてらの原発の視察。
第一原発と第ニ原発を車窓から眺めたり街の様子を観察したり。
交付金で建てられた立派な施設がたくさんあるが
道には人の気配がなく私にはその様が不気味にみえた。
よくある田舎の風景に似合わない施設。
そして人々の心はどこにあるのだろう?
私には見つけることができなかった。

原発に近ずいてみたくて第二原発の入り口まで侵入したら
警備員に止められて注意を受けた。
ドライバーのKが対応している間に私は携帯で入り口を撮影。
警備員に撮影を注意されるか確認したくて
3シャッター目を大げさにきったところやはり
「撮影しないでください。」と言われ
「撮影しましたか?」と聞かれたが「いいえ」
と答えるとそれはあっさり見逃された。
「厳重警備」「撮影禁止」と立て札があった。

その頃プルサーマルの受け入れの瀬戸際だったので
様子を見に行こうとでかけた。
周辺4町が受け入れを認めたところというせいもあるのか
なにか緊迫した空気だったように感じた。

常磐のホントに綺麗な海を背景に
火力〜原発〜火力〜原発と立ち並ぶ様は
まるで『指輪物語』のサウロンのいる
モルドールを彷彿させて寒気がしてきた。
そしてその側道はルート6。

その後2010年の秋から福島第一原発3号機で
MOX燃料を使ったプルサーマル発電が開始された。


第2原発2009_02.jpg
2009年2月の福島第二原発の入り口



その少し前の2008年12月30日新暦の年の瀬に
私はイスラエル大使館の前に居た。
「ガザ空爆に抗議する12・30緊急行動」に参加した。
その2年前のレバノン攻撃の抗議の時以来の詣でだった。

色々な社会的な問題に関心もあるしどうにかしたいけど
身体ひとつではできることにも限界もある。
あれこれ中途半端にやるのは性分にあわないし
最も取り返しのつかないことになるであろう
原発問題に特化して活動をしてきたけど
イスラエル問題だけはまた別枠だ。

グローバリズムを進める勢力は長年をかけ
ジェノサイド/民族浄化を進めている。
アメリカのネイティブ
日本は明治維新で落ち
アポリジニなども弾圧されている。
今はアジアやアフリカでこれが行われている。

グローバリゼーション(西洋世界)
ニューワールドオーダー
VS アラブ。
統一などされたくない。


2008_12_31stopkilling_02.jpg
2008_12_31stopkilling_03.jpg

2008_12_31stopkilling.jpg
当時使ってたバナー


福島原発を見学に行った3月後
2009年5月2日忌野清志郎さんが亡くなった。
その前年に開催したNO NUKES MORE HEARTSのイベントで
タイマーズの制作スタッフでもあった
高橋ROCK ME BABYさんに司会をお願いしたことがあった。
その後清志郎さんは高橋さんに
「反核イベントの司会したんだって?なんで呼んでくれないんだよ。」と。
それで結局のところ次回やるときには
スケジュールさえ合えばでてもらえるということに。

一旦病状が良くなった矢先の死去のニュース。
色んな意味で喪失感を味わった。

清志郎さんが生きていたら
今どんな事を言ってどんな事をしているのかな。


2009_05_tamaranzaka_01.jpg
国立市 多摩蘭坂 2009年5月19日

2009_05_tamaranzaka_02.jpg
国立市 多摩蘭坂 2009年5月19日

2009_05_masonic.jpg
国立市中3−1にあるメーソンのロッジ


初期RCサクセションの「国立市中区3−1(返事をおくれよ)」
という曲がある。
好きなコに告白手紙をだしたけど返事がこないという歌だけど
国立市中区3−1(中3-1)に何があるかというと
横浜に続き日本で二番目にできたメーソンロッジ。
同じ一角に大学もあるが清志郎さんはどっちを言ってたんだろう。


RCサクセション 言論の自由



Misao Redwolf 記


posted by nonukesmorehearts at 03:30| 日記

【告知】7.31 「トーク&ライブ 未来に輝け上関・祝島 原発なくても大丈夫!」

7.31flyer_face.jpg


7月31日に「上関どうするネット」主催の
トーク&ライブイベントがあります。
イベントのあとは「野菜デモ」とコラボ・デモ。

トーク&ライブイベントは予約をお勧めします。
また賛同も募集中です。

よろしくお願いします。



<以下転送転載歓迎>
*****************

■■07/31 トーク&ライブ 未来に輝け上関・祝島 原発なくても大丈夫!■■

3月11日、東日本を大地震が襲い、かねてから懸念されていた「原発震災」が現実の
ものとなってしまいました。
今こそ原発の危険性を再認識し、再生可能なエネルギー資源による電力供給の道を求め
ていくべきです。  
瀬戸内海の西の端、山口県上関町では、30年近く前から上関原発の建設が計画されて
います。
建設予定地対岸の祝島では、千年以上も続く伝統文化を守りながら、その一方で自然エ
ネルギー100%構想を打ちたて、原発に頼らない自立した生活を目指す取り組みを始
めました。  
私たちは、この祝島の試みに希望の光を見出し、全力をあげて応援していきたいと思っ
ています。
この祝島の取り組みが上関町全体、そして日本全体へと広がることを願って、トーク&
ライブを企画しました。
また、終了後パレードもあります。ぜひご参加ください。

----------------------------------------------------------

■日時:2011年7月31日(日)13:00〜15:40

■会場:東京ウィメンズプラザホール(青山)
    東京都渋谷区神宮前5-53-67(渋谷駅下車徒歩12分 ・表参道駅下車徒歩7分)
   http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

■プログラム
トーク&ライブ 13:00〜15:40  

<トーク>
・氏本長一(祝島未来航海プロジェクト代表)
 『祝島の取組みについて』
・菅波完(高木仁三郎市民科学基金事務局)
 『原発の危険性・福島の事例をもとに』
・大沢ゆたか(立川市議会議員)
  『電力の自由化・立川市の取り組み』
・座談会『原発なくても大丈夫』
   鎌仲ひとみ/氏本長一/内田ボブ

<ライブ>
・内田ボブ
・梶原徹也(THUNDERBEAT ex.ザ・ブルーハーツ)
  &ノブトウマサザネ(天空オーケストラ)

■参加費:前売1,000円 ・当日1,200円

■申込先:
インターネット:http://goo.gl/pQjlE
E-mail :    dousuru_net@mail.goo.ne.jp
Fax: 03-3357-3801
<お申し込みの際は、お名前・ご住所(都道府県市区郡まで)・連絡先をお知らせください>
※ご連絡いただいた個人情報は、7/31受付の名簿管理上のみに使用し、
それ以外の用途には使用いたしません。

■イベント後にパレードします!
16:00〜 
渋谷や青山を通るコース(予定)です。詳細はwebにて告知いたします。
homepage: http://kaminoseki.blogspot.com/  (上関どうするネット)
   http://www.parc-jp.org/ (PARC)
twitter: http://twitter.com/#!/demo_yasai (野菜デモ)

思い思いのそれぞれのスタイルでご参加ください!

■主催:上関原発どうするの?〜瀬戸内の自然を守るために〜(略称:上関どうするネット)

■パレード共催:アジア太平洋資料センター(PARC)&PARC自由学校野菜デモ部

■お問い合わせ:E-mail : dousuru_net@mail.goo.ne.jp (上関どうするネット)
        Tel : 03-3357-3800 (原子力資料情報室/担当:伴・永井)

■賛同メッセージ

*事故が起きる前に原発が止められなかったのは痛恨!起きてしまった被害の甚大さ、
重大さの前にただ後悔していても未来が開けるわけではない。
3.11以降も私たちは未来をより明るくする責任を負っている、前よりもより重く。
だからこそ、原発依存から自然エネルギーへのシフトを加速しなければならない。
まずは、プロパガンダを粉砕したい。日本経済は原発によって成長するのではなく
自然エネルギーの普及によってこそ成長し、しかもより持続可能になるのだという
理解を広めたい。
つながりあって、ミツバチのように広めていきたい!
(鎌仲ひとみ/映像作家)

*貧しさはおカネに依存するところからやってくる。食を自給し、電気を自給すれば、
おカネがなくても暮らせる余地が増えてくる。
おカネがなくても暮らせる仕組みをめざそう。
(田中優/未来バンク事業組合理事長)


■賛同・協賛大募集中!
個人・団体からの賛同費、および企業やお店からの協賛金を募っています。
どうぞご協力をお願いします。
・賛同費 /個人 : 1口 1,000円  団体 : 1口 3,000円
・協賛金 / 1口 10,000円 
・賛同費・協賛金の振込先 /
 郵便振替口座:00130−3−338139
 加入者名:上関どうするネット
 ゆうちょ銀行/店番019/当座/338139
 *通信欄等に「7.31賛同」または「7.31協賛」とお書きください。
 *領収書は振替用紙の控えをもって代えさせていただきます。
 *賛同団体のお名前をブログに、協賛団体のお名前をブログと当日の
 パンフレットに掲載させていただきます。
 掲載の可否を振替用紙の通信欄等にご記入ください。
 *振込手数料のご負担をお願いします。

**********************



posted by nonukesmorehearts at 01:30| ☆告知☆イベント・デモ

2011年07月01日のつぶやき

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
RT @masakazuakai: Reading:NHKニュース もんじゅ 落下装置の先端に傷… 原子炉内部のほかの装置にも傷がついている可能性もあるとみて、詳しく調べることにしています。 http://t.co/CoiAulq #genpatsu #nonukes at 07/01 21:21

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
RT @47news: 原発なくても電力足ります 環境保護団体が試算 http://bit.ly/j5J0Gc #seiji #nonukes #genpatsu #tepco at 07/01 21:20

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
本当に! RT @amneris84: それにしても、ガスタービン発電装置を2機(合計25.3万kW)を無償貸与してくれたタイには感謝ですにゃ〜。この夏は、タイカレーを食べよう(^^)/ at 07/01 21:18

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
@momohama ありがとうございます! at 07/01 21:16

NONUKES_MH / NO NUKES MORE HEARTS
RT @aracashi: ペットボトル樹脂で放射線測定 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) http://t.co/6HWKpMW via @yomidr #radiation at 07/01 17:40

posted by nonukesmorehearts at 00:01| no nukes more hearts on Twitter